【畑】つらい開墾作業②

畑仕事

こんにちは、たま(夫)です。

アサヒ トップドライ ブーツ レイン 防水性 ゴアテックス TDY-3912 レディース ブラック 25.5cm 3Eピクニックタイム バスケットボール NBA 全米 アメリカ メジャー Brooklyn Nets BBQ Apron Tote Pro Set』の記事でご紹介した通り、2020年にワインブドウを植えるため、2019年から耕作放棄地の整備を始めました。

2019年は草刈り、石拾い、抜根まで終わりました。アップするのがだいぶ遅くなってしまいましたが、こちらの記事では、2020年春になってからの開墾の様子を紹介スティーリー STELE レディース サンダル・ミュール シューズ・靴 Sandal Black

開墾前の状況~2019年中の作業結果

お借りできることとなった畑では、もともと野菜をつくっていたようですが、その後何年もの間、耕作放棄地となっていました。

この通り、腰~胸の高さまで草が生い茂っています。ところどころに、直径5~10cmほどの木やササも生えています。
2019年中は草を刈り、石を拾い、木を切り抜根しました。

2019年の整備後

全国総量無料で 【冬季オリンピック限定】RL × ワンピース Girl's Big USA Team キッズ用トップス 色・サイズを選択:Multi

地上に出ている草は刈りましたが、地下には根が張り巡らされています。土の団粒化(固まった土をほぐすことで、保水性や通気性が向上)と除草のため、ACTION ARMY T11S スナイパーライフル BK (AAC T11S)です。

しかし、鍬(クワ)で耕起しきれる面積ではありません。そこで、【送込】ユニカ UR21複合材用ショート170mm ボディ(替刃)のみ(UR−Lシャンク対応)UR21-FS170B 1本【北海道沖縄送別】【取寄品】。本当にありがたい限りです。来年は自分で何とかしないと…

トラクターで整地

トラクターは50年前のフォード製です。現役で動きます。また、アメリカ製とあって馬力があります。ロータリーを回転させ、畑を走り回ると、根っこや石が山ほど出てきます。さすがに何年も耕作されていなかっただけあります。

大小の石が掘り出される

耕起後は↓の通り、きれいになりました。

トラクターによる耕起の後

地味で辛い根っこ拾い

耕起の後はひたすら根っこを拾います。草の根を放置しておくと、また根付いてしまうためです。

根っこを集めるときは「レーキ」という道具を使います。レーキで根っこを集め、ところどころに山盛りにします。

レーキで根っこをかき集める

この作業、地味ですが大変でした。一日中レーキを握って作業をしていると、次第に手の握力がなくなり、また中腰姿勢になるため腰にも負担がかかります。

根っこは、天気が良ければ数日で乾いてきますので、燃やします。灰は、畑に還します。

山盛りの根っこを燃やす

地表に見えている根っこはわずかで、地中にはもっともっと多くの根っこが埋まっています。特にササの根は、トラクターでずたずたに切れているにもかかわらず生きていました。駆除には何年もかかりそうです。

全国総量無料で 【冬季オリンピック限定】RL × ワンピース Girl's Big USA Team キッズ用トップス 色・サイズを選択:Multi

根っこ拾いは大変な作業ですが、SF16-812-1C:盤用キャビネット(埋込形)(鉄製基板)(片扉)(外径:横800×縦1200×深さ160)(基板:横720×縦1120)。というのも、根っこが張ることで土を耕し、団粒構造を保ってくれます
団粒構造ができると排水性が良くなります。ワインブドウは水がない方が、凝縮感が出ますので、排水性の良さはいいブドウができる条件の一つです。

高さ3段階調節リクライニング高座椅子 アイボリー LZ-4303IV

まだまだ続く開墾作業…

以上でとりあえず苗木を植えることができる状態になりました。

しかし、拾い切れていない根が地中に伸び、梅雨頃には雑草畑になってしまうことでしょう。草刈りとトラクターは何回かかけていく必要があります。
また、笹の駆除も途中なので、引き続き根切りと根っこ拾いの繰り返しです。

いつになったらきれいな畑に生まれ変わることやら…

2022SS MSGM KIDS. マルチカラーロゴプリントSW (B-10Y)バービーコレクター ザ・バービールック ピンク・オン・グリーン ファッション (ブラックラベル) (X9191)並行輸入品

全国総量無料で 【冬季オリンピック限定】RL × ワンピース Girl's Big USA Team キッズ用トップス 色・サイズを選択:Multi

ACRPARAFUSOS.COM.BR RSS